срочный займ на карту с плохой кредитной историей
1 2 3 4 5 6 26

2,022.5.19.(木)第73回(令和4年)毎日書道展 予定情報 

2022.5.19.(木)第73回(令和4年)毎日書道展 予定情報
  

国立新美術館  

東京都美術館

第73回毎日書道展 ポスター

 

第73回毎日書道展 日程表

5月27~29日(金~日)鑑別
5月29日~31日(日~火)  作品入落分け、入選証印刷、
入選通知封入および落選作品封入準備
5月31日(火)入選作品(U23含む)表具店渡し
6月21日(火)刻字を除く全部門(U23含む)入落通知発送
                          *落選作品返送
6月下旬   会友出品者新聞発表

6月25~27日(金~日)  入賞審査   
(U23含む、篆刻・刻字は公募鑑別から)*入賞通知発送
7月11日(月)会員賞新聞発表(予定)
7月12日(火)朝刊特集紙面で各賞新聞発表(予定)
毎日書道会ホームページに入賞・入選者名掲
載(予定)                  この日より入選者名を新聞地域面で発表(予定)

 

●東 京 展

〇国立新美術館
 *毎週火曜休館日、水曜日は午後1時開場
前期展1期=7月13日(水)~7月18日(月)
前期展Ⅱ期=7月20日(水)~7月25日(月)
後期展1期=7月27日(水)~8月1日(月)
後期展Ⅱ期=8月3日(水)~8月7日(日)
名誉会員、参与会員、審査会員、72回展審査員、文部科学大臣賞、会員賞
7月13日(水)~8月7日(日)
東京展出品の会員と毎日賞、秀作賞、佳作賞、U23毎日賞、新鋭賞、奨励賞
前期展1・Ⅱ期=漢字、大字書、篆刻、刻字部門
後期展1・Ⅱ期=かな、近代詩文書、前衛書部門
●各展の会員、東京展出品の会友作品*姓号の50音順
前期展1期=漢字、大字書、篆刻、刻字部門(あ~さ行*)
前期展Ⅱ期=漢字、大字書、篆刻、刻字部門(た~わ行*)
後期展1期=かな、近代詩文書、前衛書部門(あ~さ行*)
後期展Ⅱ期=かな、近代詩文書、前衛書部門(た~わ行*)
◎交通案内
千代田線乃木坂駅6番出口直通、
日比谷線六本木駅4a出口徒歩5分
大江戸線六本木駅7番出口徒歩4分

〇東京都美術館=7月18日(月・祝)~7月24日(日)
    (18日は正午開幕)*7月19日(火)は休館日
毎日書道会理事・監事、東京展出品の一般公募入選、
U23入選作品

  ◎交通案内
JR上野公園口徒歩7分
   京成電鉄上野駅、東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅7番出口徒歩10分

〇表彰式
 7月24日(日)(13:00 ザ・プリンスタワー東京、
終了後祝賀会)

是非、ご覧いただけますと幸いでございます。

古希展「北野攝山書展」と、創玄展葉書き 

古希展「北野攝山書展」

2022.3.1.(火)~6日(日)
東京銀座画廊・美術館
銀座貿易ビル7F
毎日新聞にも載っています。
「選び抜いた言葉を大作にぶつけた意欲がほとばしる構成となっている」と。

3月5日(金)に、拝見させていただきました。
大作そして、巧みな筆遣いの妙技に、圧倒されました。
「書道の神髄ここにあり観」が漂っていました。
素晴らしい先生に出会え、心が豊かになりました。


 

「創玄展」

第58回展
国立新美術館

3月11日(金)~3月20日(日)
10:00~18:00(展示室への入場は17:30迄)

東京都美術館
3月9日(水)~3月14日(月)
9:30~17:30(展示室への入場は17:00迄)

第53回現代女流書100人展2022.2.16.(水)~2.21.(月) 

第53回現代女流書100人展
2022.2.16.(水)~2.21.(月)
10:30~19:00
主催=毎日新聞社
後援=毎日書道会
日本橋高島屋S.C.本館8階ホール


コロナ禍ですが、開催されるといいですね。

2022.2.7.(月)「書の甲子園」「第30回国際高校生選抜書展」記事 

「書の甲子園」「第30回国際高校生選抜書展」
の記事が、毎日新聞に掲載されました。

書の甲子園新聞記事

~~新聞記事から~~

「書の甲子園」として親しまれる「第30回国際高校生選抜書展」が8~13日、大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開かれる。海外10カ国・地域を含め、1万1368点の応募があり、会場では文部科学大臣賞、外務大臣賞など計2062点を展示する。
国内外の高校生が技術や表現力を競う書の甲子園。
今回は、国内754団体1万1052点、海外47団体316点の応募があり、厳正な審査を経て、入賞・入選作が選ばれた。

素晴らしい筆運びですね!!

 

第70回記念独立書展 の広告(毎日新聞) 

第70回記念独立書展 
特別展示「表象の書への追求」
■会期:1月13日(木)~23日(日)
10:00~18:00(入場は17:30迄)
18日(火)は休館日
■会場
国立新美術館
(東京都港区六本木7-22-2)
■主催
公益財団法人独立書人団
■後援
文化庁/毎日新聞社

 

2022.1.5. 現代書道二十人展・現代の書新春展・見学 

2,022.1.5.  (水)
第66回現代書道二十人展(高島屋)

現代の書新春展ー今いきづく墨の華ー
(和光ホール二十三人展)
(セントラルミュージアム銀座100人展)

3カ所で開催の展覧会を観てきました。

現代書道二十人展


現代の書 新春展
ー今いきづく墨の華ー
セントラルミュージアムには、123人の書家に依る
干支「トラ・寅・虎・とら・🐅・彪・🐯」の作品が、
屏風に書いてありました。
今年は、寅年、「五黄の寅」
この星の生まれの者は、運気が強いとされる。

2022.1.3.(月)「毎日書道展書家の年賀状」「現代の書新春展」 

謹賀新年  令和4年 新春
第73回毎日書道展東京展日程
7月13日(水)~7月18日(月)前期展Ⅰ期 国新美館
7月20日(水)~7月25日(月)前期展Ⅱ期 国新美館
7月27日(水)~8月01日(月)後期展Ⅰ期 国新美館
8月03日(水)~8月07日(日)後期展Ⅱ期 国新美館
7月18日(月)~7月24日(日)東京都美術館(19日火休館)

2,022現代の書 新春展ー今いきづく墨の華ー

今年も宜しくお願い致します。

 

1 2 3 4 5 6 26