срочный займ на карту с плохой кредитной историей

2011,7,23.第63回 毎日書道展 特別展ギャラリィートークと揮毫 

2011,7,23.

毎日書道展を観に行く。

13:00?   特別展示「宇野雪村の美」ギャラリィートーク
(山本大廣先生)のトーク

宇野雪村は1912年(明治45年)に生まれた。
今回の展示で24歳と37歳の時の作品が原点と言える。
当時(前衛書)という概念はなく、書の新しい学び方とか
書の前衛とかいい、書の分野において線で発展すると考えられた。
アンフォルメダとかアクションペインティングと表現している。
途中までで、揮毫に移動

14:00?   仮名・近代詩文書・前衛書の席上揮毫を拝見

仮名(小野蕙厚先生)
きりっとした線で緊張感が溢れていた。

仮名(原田弘琴先生)
流麗な線が素敵でした。

近代詩文書(赤澤寧生先生)
松煙墨を磨り薄めた青薄墨を使われた。
48万円もする筆だそうです。

近代詩文書(後藤武之先生)
対照的な濃墨で書かれ豪解でした。

前衛書(倉林紅瑤先生)
細くて長ーい筆を2本使い龍の形を表現された。
古代文字が好きで題材に選ばれるそうです。
師匠からは美しく緊張感のある書を目指しなさいと
指導を受けたとか。

司会の永守蒼穹先生は、
最後に質問が出て来なかったので、日本人の奥ゆかしさの話をされた。
フランスで毎日書道海外展をした時、フランス人は両手を挙げて質問した。
70歳くらいの先生が半紙に揮毫をされ、そのフランス人は
「その作品はおいくら?」と聞いたそうです。
ある先生が「5万円です」と答えたそうです。会場から「えっ」とため息。
(こちらの先生は70歳位ですから、それまで60年間の蓄積された
経験と実績を鑑み、
それにこの作品を揮毫するに当たって
何千枚も書かれたはずです)と説明された。
この時、香石もその会場にその場に居合わせた。
会場の関係で限られた人しか入れなかったが、
香石は、温知会のカメラマンとして仕事をしました。}

その後、お一人の方が質問。
前衛書を書くに当たっての勉強方法は?
倉林先生は「師匠から古典を徹底的に指導されました」と。

今現在、倉林先生に書道の指導を受けています。
古典臨書、創作を通して書道の面白さ、奥深さを
学んでいます。とても素晴らしい先生です。

古典臨書が基本、まさに「温故知新」の姿勢だと思います。
素晴らしい先生と思える先生に出会えた事、素晴らしいですね!!
揮毫で拝見した「龍」の生き生きとした生命感あふれる文字が、目に焼き付いています。

お名前
URL
MAIL

▼関連する人気記事

(243 views)2019.6.3.(月)「第71回 毎日書道展」予定情報

2017.6.3.(月)「第71回 毎日書道展」予定情報     5月24日~26日(金~日) 鑑別(=入選審査、国立新美術館) 6月18日(火)      刻字を除く全部門(U23含む)入落通知発表 6月28日~30日(金~日) 入賞審査(国立新美術館) 7月3日(水)           会員賞選考会(10時~国立新美術館) 7月8日(月)

▼続きを読む

(111 views)2019.7.4.(木)第71回毎日書道展 入賞者表彰式案内届く

2019.7.4.(木) 第72回 毎日書道展 入賞者表彰式   の案内が届きました。   入賞者名は、7月9日付毎日新聞紙上で発表の予定だそうです。   私「髙橋香石」の作品は、     国立新美術館前期展(会期第1・2週) 漢字Ⅱ類作品(3文字から20字まで) 「 春聲生竹爆 歳色動椒香 」       第Ⅰ期 7月10日(水)~7月1

▼続きを読む

(99 views)2019.6.21.第71回 毎日書道展「大字書部 入選証」

  2019.6.21.(金) 第71回 毎日書道展 会友公募作品の「大字書」が入選しました。   賞状が届きました。 嬉しかったです。   髙橋香石の作品は、   ①国立新美術館  会友作品 漢字Ⅱ類(3文字~20文字) 前期展Ⅰ期 7月10日(水)~7月15日(月・祝) 前期展Ⅱ期 

▼続きを読む