срочный займ на карту с плохой кредитной историей
1 2 3 4 5 6 70

2,020.6.27~8.3.迄毎日書道紙上展 代替展 

2,020.6.27.~8.3.迄
毎日書道紙上展 代替展 力作熱く34点
書家から届く書のエール

書の時間

毎日書道紙上展 
代替展 力強く34点
書家から届く書のエール「書の時間」
書の時間

2,021年の「毎日書道展順延」に向けての意気込み 

2,021年の「毎日書道展順延」に向けての意気込み

「書道を止めないでください」

多彩な事業を展開中です。

書道を止めないでください  毎日書道展 一年順延

第72回毎日書道展は、㋆8日の東京・六本木の国立新美術館での東京展を皮切りに全国10都市で開催される予定だったが、深刻化するコロナ禍の影響を受け、1年延期が決定した。

実行委員長など主要役員はじめ各地域展実行委員長からは、周到な準備を整え取り組んできただけに無念さが強く伝わってくる。異常事態の中、前向きにとらえ気分一新、2,021年開催を迎えることになった意気込みを話していただいた。(文中より)

2020.9.1.~9.8.第34回「関東女流書展」に出展 

2020.9.1.(火)~9.8.(火) 「9.7.(月)休館日」

第34回 関東女流書展(一般社団法人 書芸文化院特別企画事業)
~関東を代表する女流書家の競演~
入場:9:30~17:30(入場は17:00迄)最終日は15:00終了(入場は14:30迄)
会場 東京都美術館 2階」第1展示室~第3展示室 (入場無料)

この関東女流書展に、書道研究 温知会から推薦を受けて、作品を出展させて頂くことになりました。今回は、村上玉雅先生、宮島小竹先生、金谷美秀先生と髙橋香石です。

第34回関東女流書展 案内はがき

2020.7.22.(水)第51回現代女流書100人展 

第51回現代女流書100人展が開催されます。

2,020.7.22.(水)~8.02(日)

港区六本木の「国立新美術館」で、開催されます。

 

 

2,020.6.27.(土)毎日書道紙上展「明るく心和やかに書家からのエール」 

 

 

2,020.6.27.(土)

毎日書道紙上展「明るく心和やかに書家からのエール」

今朝の新聞に掲載されました。

 

この中でも、「はれやか」や「明日へつなごう」等は特に目を引き、(ベーブルースのことば)の「諦めない奴に誰も勝てっこない」は、勇気が出ますね。

 

世の中、コロナ禍で大変な事になっています。
「書の時間」に寄せられた文章の中にあります様に
(新型コロナ感染拡大防止のため、第72回毎日書道展は一年延期され、書と触れ合う機会が失われる状況の中で、毎日書道展に集う代表作家が書の魅力を訴え掛ける。「書の時間」には毎日書道会の最高顧問・常任顧問・顧問・理事・監事・総務の34人が自然のすばらしさを謳歌し、人々が助け合い心和むような内容の作品に挑んだ。現在の暗い世相を吹き飛ばすような書人からのエールによってしょの力を感じ取ってほしい。{桐山正寿})



そして、毎日書道会・HP・アートサロンで公開
さらに、㋆14日~8月3日迄、東京・竹橋のアートサロン毎日で展示の予定(土日祝休館・11:00~16:00迄)
また、「書の時間」は、公募で選考された作品による第2弾を今秋に実施する予定。だそうです。

 

 

2,020.5.4.朝日新聞「新時代の決意」記事より 

2,020.5.4.(月)
「朝日新聞」の記事に(「書く」の欄に「新時代の決意」をテーマにした作品に込めた思い)が、載っていましたので、コピーしてお届けしたいと思いました。

政府のコロナ対策

①2,020.4.7.  7都府県に緊急事態宣言発令 (COVID-19)
②2,020.4.16. 全国緊急事態宣言発令
③2,020.4.30. 全国緊急事態宣言延長発令
④2,020.5.4. 全国緊急事態宣言延長発令(5月一杯?)
⑤2,020.5.15. 39県緊急事態解除
2,020年になり、2月4日に横浜港にダイヤモンドプリンセス号が停泊する
前後から、(COVID-19)が、猛威を振るい。感染拡大され未だ収束に至っていません。政府は、「スティホーム」や「三密避ける」等のコロナ対策をしています。

そのような中で、「朝日新聞」の「教育」の「書く コロナの春 私は決めた」と、作品に込めた思いが載っていました。

①やるべきことから逃げない
②元気に過ごしたい
③きれいな字をこれからも

という、私達もこの決意に賛同したいものですね。

「習字を書くときは、いつも真剣に書きます。真剣に書くといい字になって気持ちがいいです。」素晴らしいことですね。

「書道研究 温知会」でも、締切日を延ばしたり、たくさんの配慮をして下さっています。できるだけ時間を作って書作しましょう。

今回の「コロナ」の一日も早い収束を望みながら、筆を執りました。

2,020.4.14.(火)第55回 高野山競書大会 取止めの日 

2,020.4.14.(火)第55回 高野山競書大会、この度の新型ウイルス感染拡大の状況を鑑み、今年の開催を取りやめ、令和3年(2,021年)に延期の一報が入ったということです。
残念です。
しかし、やむを得ない状況です。
一日も早い、「コロナ問題」の収束を長っております。

2,020.4.20.
第55回高野山競書大会の出品料返金手続きがなされましたので、出品者に返金する予定です。

と同時に、作品も帰ってきますが、「延期」という内容から考えますと、
例えば、通常、中学3年生が来年度は(学生部)ではなく(一般部)となりますが、今年の作品で出品する場合の区別のことを考えますと、支部長の方で保管するという選択肢が必然になってくるのかなと思うところです。

2,020.4.7.(火)  ① 7都府県緊急事態宣言発令
2,020.4.16.(木)   ② 全国緊急事態宣言発令
2,020.4.30.(木)  ③ 全国緊急事態宣言延長発令
2,020.5.4.(月)  ④ 全国緊急事態宣言延長発令(暫定㋄一杯)

大変な世の中になってきました。

 

 

1 2 3 4 5 6 70