срочный займ на карту с плохой кредитной историей
1 2 3 4 5 6 7 70

2020.4.11.(土)第72回 毎日書道展の全面中止決定の日 

2020.4.10.(金)
第72回 毎日書道展の全面中止決定の日を迎えました。

今現在、コロナ問題も正念場を迎え、毎日書道展も大きな団体の為、全面中止決定の日を迎えました。

当支部に於きましては、締切日を待っておりましたので、
出品料及び作品は、未送信でした。
只、当支部で「毎日書道展作品」と「出品料」は、お預かりしておりました。
それで、各自に「作品」と「出品料金」をお返しし、(この作品は、来年まで大切に保管して下さい)と、申し添え致しました。

3月9日~4月11日迄開催の「2,020年 毎日新会員作家展」は、アートサロン毎日にて開催して頂けました。(髙橋香石は、Ⅲ期に展示)

私は今回の決定が出る迄、生徒にお手本を書いたり・自分も練習して添削を受けたりしていました。
今回の練習分が、次回の作品作りに絶対に反映されると信じています。
コロナが一日も早く収束しますように願っています。

 

第72回 毎日書道展
ポスターでした。

毎日書道会から、会員の委嘱状が届きました。

毎日書道展
漢字部会員
委嘱状

 

 

 

2,020年 毎日書道展 新会員作家展 情報です 

 2,020年 毎日書道展 新会員作家展 情報

本年度から毎日書道展の会員に昇格する作家の展覧会です。
 各部の持ち味を表現しました。
 ご来場いただきますようご案内申し上げます。

私髙橋香石のご案内をします。

髙橋香石は、第3期 3月23日(月)~3月28日(土)
10:00~18:00(土曜日は16:00まで)

会場 アートサロン毎日(入場無料)
所在地: 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル1階
TEL:  03-3212-0321    (内線 8658)
東京メトロ 東西線竹橋駅下車すぐ

ご高覧お願い致します。

2,020.2.21.「第35回守谷市美術作家展」 搬入 

2,020.2.21.(金)

第35回 守谷市美術作家展 の作品搬入 をしました。

素晴らしい作品が、展示されています。

是非、御高覧下さい。

会期

2,020.2.22.(土)~3月1日(日)

AM9:30~PM5:00 (最終日はPM3:00迄)

※入館は30分前迄

守谷市市民ギャラリー

守谷市御所ヶ丘5-25-1 (旧住宅都市整備公団事務所跡 )

TEL 0297-45-2278

問い合わせ先

守谷市教育委員会 生涯学習課

TEL 0297-45-1111

作品目録
           会場内            左から5番目が ↑ 髙橋香石の作品です。
横額作品も
力作ですね。

      

髙橋香石の作品です

2020.2.22(土)~3.1.(日)第35回守谷市美術作家展 

2020.2.22.(土)~3.1.(日)
第35回 守谷市 美術作家展
日本画・洋画・版画・彫塑・工芸・書・写真

 

9:30~17:00 (最終日は15:00迄 入館は30分前迄)
守谷市市民ギャラリー
守谷市御所ケ丘5-25-1(旧住宅都市整備公団事務所跡)
0297-45-2278
主 催:守谷市美術作家展実行委員会・守谷市教育委員会
問合先:守谷市教育委員会 生涯学習課  0297-45-1111

 

 

是非、ご高覧下さい。

 

2020.2.10.(月)~2.16.(日)「守谷のふるさとかるた」原画展 

[守谷のふるさとかるた] 原画展
かるた発行20周年・浜防風10周年 記念

2020.2.10.(月)~2.16.(日)

11:00~16:00

主催:ぎゃらりぃ 浜防風
協賛:守谷のかるたをつくる会

 

この「守谷の ふるさとかるた 」は、
私にとって、とても大切で意義あるものです。
作る会13人の内、唯一「地元、守谷・高野」で生まれ育った
私には格別の愛着があります。
読み札の文字を、最初はパソコンで打つ事にしていたのですが、

1週間前になってやはり筆で書いた方が良いという事になり、
担当の髙橋香石は3日間徹夜で文字一切を書き上げました。
守谷の歴史を知り、守谷をかけがいのない」「ふるさと」と
して、皆様に愛され続けることを願っています。

 

2020.1.4.(土)2020毎日チャリティ書展 見学 

2020.1.4.(土)2020毎日チャリティ書展 見学

2020.1.4.(土)~1.9.(木)

10:00~18:00(最終日は16:00閉会)

東京銀座画廊・美術館

主催:毎日新聞社/一般財団法人毎日書道会

この日は、9:15分頃に行きました。

番号札を頂いて、入場しました。

「売り上げの一部を復興支援や障害のある子供達のために 毎日新聞東京社会事業団へ寄付します」

た、いう目的が書いてありました。(支援の写真も展示してありました)

素晴らしい展覧会でした。

2020.1.3.(金)新春書展3ヶ所見学 

2020.1.3.(金)新春書展3ヶ所見学

 

①第64回 現代書道二十人展

2020.1.2~1.6.

日本橋高島屋S.C.本館8階ホール

 

②現代の書 新春展 (今いきづく墨の華)

2020.1.3.~1.9.

和光ホール23人展「銀座・和光本館6階」

 

③現代の書 新春展 (今いきづく墨の華)

2020.1.3.~1.9.

セントラル会場100人展「セントラルミュージアム銀座」

②③

1 2 3 4 5 6 7 70