срочный займ на карту с плохой кредитной историей

2020.8.13.(木)西日本新聞記事より 

2020.8.13.(木)
暑い日が続いております。

私は、「書道研究 温知会」の本部にお稽古に通っております。
「伊藤遊李先生」とも、ご一緒しております。
その伊藤先生から、「西日本新聞」記事を頂きました。
伊藤先生ご本人も、友人から送られてきたようなんです。

その新聞に書かれてある記事「忘れ得ぬ九州人」の内容は、25年も前から事あるごとに彼女から聞いている事でした。

今、改めて書かれてあるものを読みますと、「当時、世の中を騒がしていた事が、点となり線となり、理解しやすくなりました」
そして、書かれてあるお名前がより身近に感じられる事に、不思議を感じます。
彼女からは、タンザニアという国に住んだ時の様子なども聞かせていただきました。会った事も無い夫君の似顔絵に妙な親近感を抱いております。私は、当に58歳という年齢を過ぎていますが、夫君の追悼集は「駆けぬけて」と名付けられているそうです。

西日本新聞記事2020年8月13日(木)

西日本新聞 再

ごめんなさい、現在はコメントを受け付けておりません。

▼関連する人気記事

(4 views)外交史料館報

「外交史料館報」の上をクリックすると 「エッセイ」の中の「香石個展に関する記事」をご覧いただけます。 「マッサン展」の上をクリックすると 「マッサン展」に関する大筋がご覧いただけます。

▼続きを読む

(1 views)2009,8,14.テレビ局、つばさ違い・明日、関東女流書展

2009,8,14.(金) あるテレビ局の方から、電話があった。本部の方と話をしてからは、地方現場の担当者との連絡になった。 茨城県内の事件で、殺された女性が「女性のつばさ」の会員であったらしい事から、インターネットで「女性のつばさ」を検索したら、?橋のHPの「女性のつばさ、歴代会長会議に出席」が、引っ掛ったらしい。 女性のつばさにとっては、3期生(約24?25年前)と云う事で、古い事なので、

▼続きを読む