срочный займ на карту с плохой кредитной историей
1 2

2019.6.15.(土)「髙木聖雨先生書展」拝見しました。 

 

2016.6.15.(土)

日本橋高島屋、本館6階  美術画廊で

6月12日(土)~6月18日(土)迄開催の、

「髙木聖雨書展」に行ってきました。

 

入り口付近は、お祝いの胡蝶蘭や素敵なお花が一杯で、素敵な香りで一杯でした。

会場の中は、髙木先生のにこやかなお顔と、沢山のお客様で大賑わいでした。

「古希記念」という事で、とてもお目出度いと思いました。

 

髙木先生のご経歴が素晴らしいですね。

(このたび高島屋では初となる、書家・髙木聖雨先生の個展を開催いたします。
先生は、昭和24年 岡山県総社市に生まれ、青山杉雨先生に師事。昭和49年日展初入選後は、同展を中心に発表され、平成27年改組新第2回日展において文部科学大臣賞を受賞、さらに、平成28年には、日本芸術院賞恩賜賞を受賞され、日本の書壇を代表する書家として精力的に発表を続けられています。また、大東文化大学文学部書道学科教授、北京大学書法芸術研究所客員教授として後進の指導にもあたり日本の書文化の発展へ貢献され育成・教育の面からも高く評価されています。
篆書、隷書、楷書、行草書の全書体を研究し、これまで培われ研鑽された巧みな技術と「書は瞬間の藝術」の持論を基軸に、「魅せる書」として墨の力強く豊かな表情、高い空間意識を要した現代に通ずるかたちを探求しより崇高な作品へと昇華させています。
古稀記念でもある今展は、父聖鶴先生と同じく、書へ愚直なまでに向き合った渾身の最新作60余点にて展観いたします。この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申しあげます。)

 

入場無料でした。

写真も撮って良いらしいです。

これからのご活躍も素晴らしいものでしょう。

 

2018.1.4.昨年の記事から「2016.12.28.守谷シティプロモーションの記事」 

2017,1,4.の記事より

新年あけましておめでとうございます。
守谷シティプロモーション様には、下記のような記事を掲載して頂きまして、ありがとうございました。
編集が素敵でとても感動しました。

高橋 香石さんが過去の思い出をシェアしました。
1年前

この日の思い出を見るchevron-right

第68回毎日書道展(主催・毎日新聞社、毎日書道会主催)で、守谷市在住の 高橋香石(たかはし こうせき)さん が栄誉ある毎日賞に入賞しました!

毎日書道展は本年68回目を迎える書道展で、公募、会友、役員あわせて33,000点を上まわる出品があり、内容、規模とも、日本最大級の書道展です。

本年度も、33,484点の中からたった200点の、約167倍の倍率という難関を突破しての受賞になります。
今回書かれた作品は『鶴舞春池月 鶯鳴碧樹風』という自然の美しさを詠んだ五言二句の漢詩。
高橋さんは過去にもスコットランドで個展を開催するなど、その活躍の場を海外にも広げていらっしゃいます。

この度は、毎日賞というすばらしい賞の受賞おめでとうございます!今後のご活躍にも期待しております!

また、高橋さんは平成29年2月25日(土)から3月5日(日)までの9日間にわたり開催される守谷市美術作家展において、2月26日(日)午後2時から書道パフォーマンスのイベントで展示に花を添えてくださる予定です。
ぜひご来場ください!

自動代替テキストはありません。

2016年7月.第68回毎日書道展「毎日賞作品」

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

2016年7月.第68回毎日書道展「毎日賞作品」

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、室内

毎日新聞社記者の取材を受けて

2002年8月Scotlandで「書の個展 第1回展」開催

あなた、

川﨑恵子さん、樋口 景子さん、他34人

いいね!他のリアクションを見る

コメントする

コメント

曽我 真 シティプロモーションの写真はこちらですね。いい記事だと思います。

超いいね!他のリアクションを見る

返信

1

23時間前

削除

2017.1.1.Facebookに「守谷シティプロモーション」からの記事掲載 

2016年12月28日17:21

守谷シティプロモーション様からの記事がFacebookに投稿されました。

第68回毎日書道展(主催・毎日新聞社、毎日書道会主催)で、守谷市在住の 高橋香石(たかはし こうせき)さん が栄誉ある毎日賞に入賞しました!

毎日書道展は本年68回目を迎える書道展で、公募、会友、役員あわせて33,000点を上まわる出品があり、内容、規模とも、日本最大級の書道展です。
本年度も、33,484点の中からたった200点の、約167倍の倍率という難関を突破しての受賞になります。
今回書かれた作品は『鶴舞春池月 鶯鳴碧樹風』という自然の美しさを詠んだ五言二句の漢詩。
高橋さんは過去にもスコットランドで個展を開催するなど、その活躍の場を海外にも広げていらっしゃいます。

この度は、毎日賞というすばらしい賞の受賞おめでとうございます!今後のご活躍にも期待しております!

また、高橋さんは平成29年2月25日(土)から3月5日(日)までの9日間にわたり開催される守谷市美術作家展において、2月26日(日)午後2時から書道パフォーマンスのイベントで展示に花を添えてくださる予定です。
ぜひご来場ください!

2016年7月.第68回毎日書道展「毎日賞作品」

2016年7月.第68回毎日書道展「毎日賞作品」

毎日新聞社の記者の取材を受けて

2002年にScotlandでの「書の個展第1回目」

コメント3件
コメント
高橋 香石
高橋 香石 新年明けましておめでとうございます。
守谷市シティプロモーション様には、このような記事を掲載していただきまして、ありがとうございます。
編集が素敵でとても感動しました。もっと見る

 

橋本喜美子
橋本喜美子 おめでとうございます!こいつは春から縁起が良いわい😍ますますのご活躍を!

 

返信1件
高橋 香石
高橋 香石 たくさんの皆様に「いいね!」を押していただきまして、新年早々勇気をいただきましたこと、感謝申し上げます。

 

高橋 香石
この他、私がシェアさせて頂いたものにも沢山の方々の「いいね!」や「コメント」や「シェア」を、頂戴致しました。 皆様、ありがとうございました。
2017年の今年の目標は、「毎日賞」「神郡晩秋賞」の受賞です。
最初の「第32回守谷市美術作家展、その中の(2月26日、日曜日、14:00~15:00の書道パフォーマンス)」から、活動していきたいと思います。
今年もよろしくお願い致します。
                        髙橋香石です。

外交史料館報 

スクリーンショット 2016-05-26 14.25.31

「外交史料館報」の上をクリックすると
「エッセイ」の中の「香石個展に関する記事」をご覧いただけます。

スクリーンショット 2016-05-26 14.30.50
「マッサン展」の上をクリックすると
「マッサン展」に関する大筋がご覧いただけます。

「なにはづ」2002年12月号の記事(初めての海外での書の個展) 

Scannable の文書 -2016-05-26 13_47_36-

Scannable の文書 -2016-05-26 13_47_12-
髙橋香石は「2002年8月 初めての海外での書の個展」を開催できました。
場所は、「Scotland(スコットランド)・Aberdeen(アバディーン市)・Glover House(グラバーハウス)」
その時の記事を「書道研究温知会誌(なにはづ)12月号に掲載」して頂きました。

 

 

2014.10.10.(金)マッサン展 

2014.10.10.(金)

港区麻布台にある 外務省外交史料館にて、
「マッサン展(琥珀色の夢と青いバラのものがたり)
―竹鶴政孝と知られざる日本・スコットランド交流史―」 を、拝見しました。
2014年9月24日(水)~2015年5月8日(金)迄開催

髙橋香石は、1997年から2007年まで15回ほど、スコットランドを尋ねました。
そして、7回に亘る「書の個展」を開催する事が出来ました。
2005年の2回目の個展時、高橋周平在エディンバラ日本国総領事との
出合いによって、スコットランドの32市町村に香石の書も届けて頂きました。
サッカーの中村俊輔選手の応援に日本国旗に名前など応援メッセージも書きました。
個展を開催させて頂いた、「グラバーハウス」に
スコットランド議会が2007年から3年間1億円の予算を付けたとお聞きしました。
その髙橋周平元総領事の「外務省外交資料」展示の素晴らしさを是非ご堪能下さい。

古くからの良き友人スコットランドから始まり・・・・・・
日本とスコットランドの未来へ

魅力的な情報満載です。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/
是非ご覧ください。

髙橋香石です。

 

2014.9.20.(土)カナシキシンボウ展 

2014.9.20(土)

本部で、「温知会書道展」の作品の指導をいただき、お稽古が済んでから、北千住の「カナシキシンボウ展」を拝見しました。

「目から鱗」でした。

「現代感覚あふれる書への果敢な取り組みであり、気力が充実した世代による書表現への根本的な問い掛けにもなっている」とは、9月11日毎日新聞夕刊の評。
それは、「古典の香り。気の遠くなるような鍛練。無駄をそぎ落とした線。人格の陶冶。➡書を形容する際に使われる言葉が、どこか古めかしさを帯びるのはなぜだろう。」とも。

私達を温かく迎えて下さり、製作作業所までご案内くださり、最中や抹茶までご馳走になりました。

まさに、とどまるところを知らない表現意欲に驚かされ、鑑賞者の書に対する既成観念は激しく揺すぶられました。

先生のファンが急増中!!

それもそのはず、金敷駸房先生は、「IKKO」さんの先生でした。

生意気なようですが、今日の事では「頭の中に、創作意欲が伝わった」感じがします。

 

その後、鳩居堂画廊3階4階、セントラル美術館7階8階と書展巡りをしてきました。

 

鳩居堂のショーウィンドー

1 2